「カメ止め」女優・秋山ゆずき、今度は「かいけつゾロリ」のヒロイン「恋が生まれたり、生まれなかったり…」

舞台への意気込みを語った秋山ゆずきと響・長友
舞台への意気込みを語った秋山ゆずきと響・長友

 女優の秋山ゆずき(26)とお笑いコンビ・響の長友光弘(41)が7日、東京・シアター1010で舞台「かいけつゾロリとなぞのスパイ・ローズ」(7~8日)のゲネプロを行った。

 人気児童漫画シリーズ「かいけつぞろり」の舞台版。悪の組織と闘うスパイ役を務める秋山はシッポが生えたキャットスーツ姿で登場し「ちょっと恥ずかしいですし、しっぽの扱いにまだ慣れてない。引っかかったりする」。役柄について「ゾロリと恋が生まれたり、生まれなかったり…」とニヤリと笑った。

 昨年大ヒットした映画「カメラを止めるな!」のヒロイン役で一躍注目を集めた秋山。「カメ止め」は女優役、今作ではスパイとして役が他の人物になりきるという共通点があるといい、「構造が今回と似ている。『カメ止め』の経験を生かして、もっと大幅に分かりやすく演じ分けていきたい」と気合十分だ。

 一方、長友はゾロリシリーズでおなじみの悪役・ブルルを演じ「悪い役ですけど、コミカルでかわいい部分もある。アニメのキャラより悪い感じになっている。素直なかわいいところを見せていきたい」と語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請