堀口恭司が渡米…「RIZIN.18」でのKO負けから再起誓う「見つめ直すいい機会になった」

米フロリダへ成田空港から飛び立った堀口恭司
米フロリダへ成田空港から飛び立った堀口恭司

 総合格闘家の堀口恭司(28)が6日、成田空港からトレーニングと生活の拠点がある米フロリダへ向かった。

 8月18日に名古屋で行われた「RIZIN.18」で、朝倉海にKO負けを喫した。「負けたことは悔しいけど、勝ち負けがある競技。そこにこだわっていても仕方がない。次にどうするかを考えなくてはいけない。この休養期間がいろいろと見つめ直すいい機会になりました」と語った。

 試合翌日からは複数の病院、治療院に通い、回復に務めた。「お医者さんやトレーナーの方々から2週間は練習なしで安静に、と言われたし、ちょうどアメリカに戻るまでの期間が休養になりました」と話した。

 フロリダの拠点に戻った後、所属ジムの「アメリカン・トップ・チーム」では、軽い有酸素運動から練習を再開予定だ。再起に向けて、静かに牙を研いでいく。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請