新日本プロレス永田裕志、レスリング生活35周年記念大会へ「みなさんに笑顔になってもらうのが、自分自身の一番のテーマ」9・8千葉・東金アリーナ大会

永田裕志「レスリング生活35周年記念大会」ポスター
永田裕志「レスリング生活35周年記念大会」ポスター

 新日本プロレスの永田裕志(51)が8日、ふるさとの千葉県東金市の東金アリーナでレスリング生活35周年記念大会を開催する。自身がプロデュースする興行に向け永田が思いを明かした。

 東金でのプロデュース大会は今回で8回目となる。

 「地域貢献も兼ねた大会をやってきて、地域の方が喜んでくれるようになってますね。最初は年に一回は難しいだろうということで、2年に一回くらいのペースでやっていたんですが、年々回を重ねるごとに毎年やってほしいという声をいただくようになりました」

 当初は隔年開催だったが、2016年からは4年連続での開催となった。今回は、レスリング生活35周年と銘打った。

 「レスリングをスタートしたのが16歳のときで、そこから35年がたって、レスリングとプロレス、両方のキャリアを合わせて35年。プロレスをやりながらもレスリングの方でもいろんな形で関わらせてもらってますので、こういう形で地元の東金市で大会を開催させてもらってお客様に喜んでもらえるようになったのも、レスリングとの出会いがきっかけだったなと。16歳のときにレスリングと出会ったことからいまの自分があるわけですからね。こうやって地域貢献、地元で興行ができるのも自分自身がレスリングを始めたことがきっかけだったので、そのことも含めて地域への恩返しとか、地域が盛り上がってくれれば、楽しんでいただければとの思いで考えましたね」

 大会のサブタイトルは「青義継続」。テーマも「継続」と明かす。

 「新日本の諸先輩方がだんだん現役生活を退いている。昨年はスーパー・ストロング・マシンさんですとか、今年は飯塚高史選手で、今度は(来年)1月に獣神サンダー・ライガーさんが引退される。そのなかで自分のキャリアが新日本では一番上の方になってきます。それでも幸い、いま体調的にも悪いところがとくにあるわけではないので、そこで継続しているんだよとの意味合いもあったんですね。まだ現役を継続できるよという」

 今大会で永田は、メインイベントの10人タッグマッチに登場する。カードは、永田が天山広吉、小島聡、中西学、獣神サンダー・ライガーと組んで、バッドラック・ファレ、タマ・トンガ、タンガ・ロア、高橋裕二郎、邪道と対戦する。マッチメイクの意味をこう説明した。

 「まずチームのなかにライガーさんがいること。これが大きなテーマかなと思います。ボクが入門したとき、新日本には諸先輩方がたくさんいらっしゃいましたけど、やっぱりだんだん減っていきますよね。そんなときにもずっと新日本にボクらの先輩としていてくれて、レスラーとしての心得ですとか、そういうものを無言というか身体で体現してくれたのがライガーさんだった。そのライガーさんが引退されるわけでして、やっぱりライガーさんともう一回触れてみたいなと。まあ、ちょこちょこ触れてはいるんですけど、この記念大会であえて組んでみたいなと思いました。先日のプロレスリング・マスターズ(8・30後楽園=武藤敬司&馳浩&獣神サンダー・ライガー組vs永田裕志&中西学&西村修組)では闘いながらでも、ちょっとした攻防のなかで、闘っている気持ちとか、そういうのがぶつかり合ってすぐ熱くなるんですよ。そういうものがやっぱり新日本プロレスでは一番必要なもので、それをあらためて確認できましたので、今度は横にいて学びたいなと」

 ライガーは、来年1月4、5日の東京ドーム2連戦で引退する。

 「東金大会もライガーさんが参戦させるのはこれが最後ですから。ウチの地元ではライガーさん人気も高いんですよ、地元のお客さんからも(ライガー参戦の)東京大会のチケットを頼まれたりするんです。そういうのがあるし、ライガーさんの東金大会は最後になると思いますから、ライガーさんには最後の“怒りの獣神”を見せていただければと思います(微笑)」

 ライガー以外のパートナー(天山&小島&中西)は第3世代オールスターになる。

 「ライガーさんが去られたあとには、ボクらが背中を見せていく立場になる。まあ、いまも背中を見せているんでしょうけど、よりそういった部分が大きくなっていくと思うんですね。キャリアが一番上の方になりますから」

 最後に東金での決意を披露した。

 「継続というテーマがあるとおり、永田裕志がまだまだ頑張っていると、健在ぶりと、それを見せながら東金大会に来てくださったお客様を本当に幸せな気分にさせたいというか、本当に心から楽しんでほしいと思います。みなさんに笑顔になってもらうのが、自分自身の一番のテーマですね」

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請