ドーハ世陸リレー代表候補が合宿公開 世界大会初制覇への走順は…

サニブラウン・ハキーム
サニブラウン・ハキーム

 今月27日に開幕するドーハ世界陸上の男子リレー代表候補が7日、山梨・富士吉田市内で合宿を公開した。

 男子400メートルリレーでは、小池祐貴―白石黄良々―桐生祥秀―サニブラウン・ハキームの走順が有力。米国が拠点のサニブラウンを除く各選手は、バトンパス練習に汗を流して精度を高めた。「いつも通り、もらって渡すだけ。失敗せずいきたい」と桐生。土江寛裕・五輪強化コーチも「中心になるのは、サニブラウン、小池、桐生。プラス1人を、白石、多田(修平)、ケンブリッジ(飛鳥)でどう使っていくか」と思い描いた。

 今大会8位以内で、20年東京五輪出場権が手に入る。400メートルリレー代表は、今年7月に37秒78の好記録をマーク。来年6月までのタイム順での出場権獲得も確実としているが、早期に切符を確保したいところだ。土江コーチは「来年(五輪)金メダルを目指すのに、今年(銀、銅含む)メダルでいい、とはならない」と、世陸初制覇を見据えていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請