【阪神】高橋遥、公開説教で泣いた ベースカバーせず4回6失点

3回、広島打線につかまり、うつむく高橋遥(右端)
3回、広島打線につかまり、うつむく高橋遥(右端)

◆広島6―3阪神(6日・マツダスタジアム)

 阪神・高橋遥が今季最短の4回6失点と期待を裏切り、3位・広島とのゲーム差は3・5差に広がった。2回に会沢に先制ソロを浴びると、3回には連打だけでなく、自身のベースカバーの怠りやまずい挟殺プレーも響いて一挙5失点。この回を投げ終えると、ベンチで矢野監督から“公開”で叱責を受けて涙した。それを拭って、4回のマウンドに上がった。

 「こういう大事な試合でこういうことが出るっていうのは、俺としてはすごく残念やなと思う」と試合後の指揮官は語気を強めた。7敗目を喫した2年目サウスポーも「投げる以前だった。無責任だった。こういう大事なところで投げて、こういう投球をして申し訳ないというか、情けない」と反省しきりだった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請