松島幸太朗、40メートル独走トライ…完敗にも強豪国との対戦「W杯前にできてよかった」

後半20分、トライを決める松島幸太朗(カメラ・中島 傑)
後半20分、トライを決める松島幸太朗(カメラ・中島 傑)

◆ラグビー・日本代表W杯日本大会壮行試合 リポビタンDチャレンジカップ2019 南アフリカ代表41―7日本代表(6日、埼玉・熊谷ラグビー場)

 世界ランキング10位の日本代表は、20日開幕のW杯で3度目の優勝を狙う同5位の南アフリカ代表との壮行試合に挑み、7―41で敗れた。0―22で前半を無得点で折り返し、後半20分はウィング松島幸太朗(26)=サントリー=の40メートル独走トライなどで反撃したが逆転には及ばず。南アフリカに15年W杯で挙げた歴史的金星の雪辱を許した。史上初8強入りを目指すW杯に向けた腕試しの最後の実戦は終了。20日に同20位ロシアとW杯1次リーグ初戦に臨む。

 松島がうっぷんを晴らすように熊谷を駆け抜けた。後半20分、センター中村の好タックルで相手パスミスを誘いターンオーバー。センターのラファエレ、アタアタとつなぎ、ボールは敵陣10メートル付近で14番の元へ。自慢の快足を飛ばして約40メートル独走。「ディフェンスのプレッシャーから早くアタックに切り替えて、うまくつなげた」。インゴール右中間に飛び込み、ため息続きのスタンドを沸かせた。

 パシフィックネーションズ杯でも3戦3トライと好調の足元は、靴下のような素材で足首を覆う新スパイクが支える。以前のローカットは「アキレスけんが痛くなるし、足首が悪いのもあって」変更。足首のホールド感がハマっている。

 守備では課題を突きつけられた。後半8分、対面のウィングのマピンピに伸ばした右手一本はあっさりかわされた。3本目のトライを許し「弱さが見つかった。修正したい」と唇をかんだ。南アフリカのプレトリアで生まれ、中学の1年を過ごし、桐蔭学園高卒業後はスーパーラグビーのシャークス下部組織で腕を磨いた。よく知る相手だけに悔しさも募った。

 日本代表は13年11月のニュージーランド戦(6―54)以来となる1ケタ得点での敗戦とはなったが、松島のトライで04年11月のウェールズ戦(0―98)以来となる完封負けは回避。「圧力がかかる場面で、もっと対応したい。しっかり内側に情報を伝え、もっといいボールがもらえるようにしたい」と反省していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請