【甲府】逆転昇格へ“ストップ・ザ・横浜C” 伊藤監督、両サイドを「どう抑えるか」

12戦連続負けなしと好調な横浜Cからの白星を目指す伊藤監督
12戦連続負けなしと好調な横浜Cからの白星を目指す伊藤監督

 J2・7位のヴァンフォーレ甲府はきょう7日、2位・横浜Cと敵地で対戦。6日には山梨大医学部グラウンドで、セットプレーの確認を主体とした前日練習が行われた。後半ロスタイムの決勝PKで劇的勝利を収めた、前節の大宮戦(1〇0)に続く上位3連戦の2戦目。ここまで12戦連続負けなしと好調の横浜Cを止め、再び上位争いに名乗りを上げる。

 勢いに乗る横浜Cの本拠へ向け、最後の練習を終えた伊藤彰監督(46)は「両サイドの若い選手がいて、攻撃的にやってくる。そこに長身のFWイバがいる。両サイドをどうやって抑えるか」と試合のポイントを挙げた。

 横浜Cは約2か月半、7連勝を含む12戦負けなしの快進撃を続けている。最後にリーグ戦で黒星を喫したのは6月15日(1●2、対徳島)だ。前節、甲府が下した大宮に代わって、自動昇格圏の2位まで浮上した。伊藤監督は「(昇格となった時)大宮戦がターニングポイントだった、ということになるかもしれない」と話す。

 甲府は開幕8戦無敗のクラブ新記録となる猛ダッシュを見せた。だが6月8日の第17節・山形戦(2△2)以降、9戦2勝2分け5敗と失速し、昇格プレーオフ圏から転落した。同時期に勝ち星を延ばしてきたのが、首位・柏、横浜C、京都、大宮ら現在の上位グループ。だが「そうそう勝ち続けられるものではない。これから苦しくなってくる」と伊藤監督。「甲府は先に苦しい状態が来た。(最近5戦4勝1敗で)我々はそこから抜け出してきている最中。次のゲームで勝てれば、勝負できる」とそろばんをはじいた。

 元日本代表MF中村俊輔(41)を磐田から補強するなど、07年以来のJ1復帰へ突き進む横浜C。甲府がその勢いにストップをかける勝利を挙げることができれば、逆転昇格へ向けた道はさらに大きく広がるはずだ。(西村 國継)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請