馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

白星でもブラック(美浦)

 こんばんは、坂本です。最近は我らが巨人軍の苦戦に心を痛める日々ですが、信じて応援するしかありませんね。

 今日からはヤクルトとの3連戦ですが、プロ野球のテレビ中継を見ていて聞き慣れたメロディーが。ヤクルトの塩見泰隆外野手が打席に入る際の“出ばやし”が、関東のG1のファンファーレでびっくりしました。社会人野球出身の26歳ですが、熱烈な競馬ファンなのでしょうか。理由は分かりませんが、大変気になる選手となりました。選手のこだわりが“熱い”部分だけに、巨人が負けているのにワクワクしてしまいました。

 さて、今週は美浦に金曜日までいましたので、いろいろとPOG情報を。まずは先週の札幌2歳Sを制した相沢厩舎の【ブラックホール(牡、父ゴールドシップ)】から。名馬だった新種牡馬の初年度産駒ですが、ここぞの勝負強さで重賞制覇はお見事。今後は放牧を挟んで、ホープフルS(12月28日、中山)へ直行するそうです。そして新馬で同じ父の産駒の【エドノフェリーチェ(牝、父ゴールドシップ、母ダイヤモンドギフト)】も、美浦に入厩してきています。相沢調教師は「期待しているよ。すごく立派な体をしている牝馬。育成場でも、すごくいいと評判だった」と、来週から速い追い切りを消化していく予定です。また【テルミーユアラヴ(牝、父アンライバルド、母マイネアルデュール)】は、この中山開催中の芝でのデビューを予定しています。相沢師は「性格は素直だね」とコメントしています。未勝利を勝ち上がった【サペラヴィ(牡、父ローズキングダム、母セミニョン)】は、芙蓉S(9月22日、中山)へ向かうそうです。

 続いては今週の土曜日に紫苑Sのパッシングスルーを筆頭に有力馬で攻勢をかける黒岩厩舎です。今週の9月4日に美浦へ入厩した【キャンディフロス(牝、父マジェスティックウォリアー、母ミオリチャン)】は、9月28日の中山新馬戦(芝1200M)でのデビューを目標に進めていくそうです。黒岩師は「脚先が軽くてスピードがある」と、短めの距離をイメージしている感じです。また【シーズンズギフト(牝、父エピファネイア、母シーズンズベスト)】は、9月6日に入厩しました。まずはゲート試験の合格を目指すことになりますが、「すごく馬格もあって、気性的にもすごく素直。楽しみですね。芝の中距離というイメージ」と、黒岩師は期待大とのことです。

 斎藤誠厩舎の【イエロージニア(牝、父ヨハネスブルグ、母トップスカーレット)】は、来週9月16日の中山新馬戦(芝1600M)での初陣を目指しています。斎藤誠師は「スピードタイプだと思う。気性は新馬向きだと思う」と、コメントしています。【パイオニアエース(牡、父ハービンジャー、母ゴットサーガ)】は、9月22日の中山新馬戦(芝1600M)か9月29日の中山新馬戦(芝1800M)でのデビューを考えているそうです。8月24日の新潟新馬戦(芝1200M)を制した【ワンスカイ(牡、父スウェプトオーヴァーボード、母ナリタシークレット)】は、ききょうS(9月21日、阪神)へ向かいます。

 あ、ジャイアンツが負けてしまいました・・・。それでは今日はこのへんで。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請