【箱根への道】法大、実績ある4年生中心に充実した夏合宿

青木(先頭)ら4年生を中心に充実した夏合宿をこなす法大
青木(先頭)ら4年生を中心に充実した夏合宿をこなす法大

 最上級生が充実の法大の夏合宿。ピリリと引き締まった雰囲気が漂う。新潟・妙高高原で合宿中の法大ランナーは、30キロ走の厳しい練習を終えた後も表情を緩めなかったた。「すぐに着替えろ。クールダウンが大事だぞ」と主将の坪井慧(4年)はチームメートに呼びかけた。

 前回の箱根駅伝1区5位の佐藤敏也、5区3位の青木涼真、6区4位の坪井を中心に4年生が充実。箱根5区で前々回は1時間11分44秒で区間賞、前回は1時間11分29秒で3位だった青木は「1~2分縮めたい」と意欲的に話す。エース区間の2区は佐藤の出陣が確定的。前回、山下りで快走した坪井は「往路の1、3、4区でも行ける準備をしたい」と前向きだ。法大は6位だった前回を大幅に上回る可能性を秘めている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請