ラグビー日本代表がW杯壮行試合で南アフリカに敗れる…2015年W杯以来の金星ならず

前半、ハイボールに飛びつく松島幸太朗(カメラ・越川 亘)
前半、ハイボールに飛びつく松島幸太朗(カメラ・越川 亘)

◆ラグビー・日本代表W杯日本大会壮行試合 リポビタンDチャレンジカップ2019 南アフリカ代表41―7日本代表(6日、埼玉・熊谷ラグビー場)

 ラグビー日本代表が20日に開幕するW杯前最後の壮行試合に臨み、世界ランク5位の強豪・南アフリカ代表に41―7で敗れた。前回2015年のW杯では初対戦ながら、優勝候補の相手に34―32で勝ち金星を挙げた。世界中で「ラグビー史上最大の番狂わせ」として称えられた1勝から約4年、再びの歴史的勝利とはならず、W杯前最後の試合を白星で飾ることはできなかった。

 アジア初開催となるW杯は20日に開幕し、日本はロシア、アイルランド、サモア、スコットランドと同じA組に属している。日本代表の初戦は20日のロシア戦(19時45分・東京スタジアム)となっている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請