馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

開幕日は盛りだくさん(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は金曜恒例、梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、兵庫県に「垂水」という地名があります。ワタクシは当たり前のように読めますけど、先日、実家の友人は読むことができなかった。皆さん、分かりますかね。正解は「たるみ」と読みます。よくよく考えてみると、我々の身近にある地名って読み方が意外に難しいところが多い。毎週、行っている「栗東」も普通に「りっとう」なんて読めないし、栗東から帰る時に必ず大阪の「吹田」という地域、「すいた」って読むの分かりましたか。

 そう考えてみると、ワタクシが生まれた大分県がそもそも、普通に考えると「おおいた」って読みにくい。「分」という感じ。「いた」と読むなんて、こんな時しかないんじゃないかな。個人的には大分側から海を挟んで、向こう側に見える愛媛県(えひめ)と同じぐらい、読み方に「何でやねん」と突っ込まれかねない県名だと思っております。

 ということで、読み間違いが少ないであろう「西宮」(にしのみや)の自宅を早朝に出て、今は仕事をしている「梅田」(うめだ)の会社から、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に進めていきましょう。

 3Rの未勝利は開幕の阪神で注目を集めた佐々木厩舎の【リメンバーメモリー(牡、父キズナ)】が復帰しますが、ワタクシがよく取材させてもらう「坂路小屋」の方々も多い一戦です。中京の新馬で3着だった友道厩舎の【ジュンライトボルト(牡、父キングカメハメハ)】が初勝利を狙います。初戦は直線で脚を伸ばしたものの3着。「能力はあると思うけど、気性的に前向きさに欠ける感じ。実戦でもそうだった。1回使ったことで変わってくれればいいんだけどね」と友道調教師は話します。引き続き、気配は良好。日曜の京成杯オータムHで重賞連覇を狙う兄のグルーヴィットに追い風となるような走りを期待したいですね。

 そうそう、京都開催のデビューを目指していた友道厩舎の【デゼル(牝、父ディープインパクト、母アヴニールセルタン)】はもう少し体力面の強化が必要との判断で放牧に出されました。この判断が、今後に向けて、いい方向に向かうことを祈るのみです。

 続いては新潟で初陣を迎えた2頭。矢作厩舎の【ラインオブダンス(牝、父ハーツクライ)】はデビュー戦でいい伸び脚を繰り出したんですが、5着まで追い上げるのが精いっぱいでした。初戦はマイルですが、今回は1800メートルでの一戦。「スピードに乗るのが遅いので、距離延長はいいと思います。折り合いもつきますからね」と安藤助手。「完歩が大きいので、週末の馬場がどうか」と話していましたが、今は雨マークもありません。広い外回りで決め脚全開のシーンもありそうです。

 音無厩舎からは【ドゥーベ(牡、父ダイワメジャー)】が出走します。初戦は4着ですが、少し進路が狭くなるようなシーンも。血統的には上にサトノラーゼン、サトノクロニクルなどの重賞ホースがいる、筋の通った血統馬です。「攻め馬ではなかなかいい時計が出ていますね。1回使ってレース慣れや上積みがあればと思います」と生野助手。こちらも前が開いてからは伸びていましたし、外回りが向きそうなイメージです。

 続いては新馬戦。中内田厩舎が阪神4、5Rに注目馬を送り込みます。特に4Rの【フェアレストアイル(牝、父ディープインパクト、母スターアイル)】はG12勝のミッキーアイルの全妹になります。ここからは「達人」吉村記者(オッと、今週から本紙担当ですね)からの情報提供になりますが、「早めにゲート試験を合格して、ここ目標に。能力通りなら、初戦からやれるはずです」と片山助手は手応えを感じているようです。先週もお伝えしたように5Rの【クラヴァシュドール(牝、父ハーツクライ、母パスオブドリームズ)】も仕上がりはよさそう。来週は牝馬限定の芝1600メートルにオールフォーラヴの全妹となる【ヴィオリーナ(牝、父ディープインパクト、母レディアルバローザ)】がデビュー予定。中内田厩舎も秋競馬到来とともに、2歳馬戦線が活発化してきました。

 さて、芝マイルで行われる阪神5R。当初は今週の中山芝マイルを予定していた池江厩舎の【スターズプレミア(牡、父ロードカナロア、母スターズインハーアイズ)】がこちらに入れてきました。今週はアルジャンナ、ジャンダルムと併せたため、最後は遅れましたが、無理に追っている感じもなかったですからね。「(アルジャンナの取材の後に)こちらも良かったですよ。思いのほか、仕上がりが早かった。スピードがありますよね。悪くないと思います」と池江調教師。母系はディープインパクトと同じ一族ですし、血統的な裏付けも十分にあります。

 吉村厩舎の【ゴルトファルベン(牡、父オルフェーヴル、母バシマー)】は浜中Jが2週連続で調教に騎乗。「切れるというよりは長く、いい脚を使うイメージですね。先週よりは幾らかピリッとしてきた感じがします。距離は問題ありません」とのこと。先週の調教後に「いいモノを持っている感じはします」と切り出しつつ、初戦向きという点では微妙なジャッジだったんです。ただ、今週聞いた感じではトーンは上がっているように感じましたし、態勢は整っていると言えるんじゃないでしょうか。

 あとは、2歳勢が好調な西村厩舎から【フィナールショコラ(牝、父ストロングリターン、母アグネスショコラ)】か。こちらは兄にダート重賞勝ちのあるロワジャルダン、祖母にスキーパラダイスを持つ筋の通った血統馬です。「すごく前向きで、初戦から動きそうな感じ。走ってきそうだね。初戦から楽しみ」と西村調教師の期待は高そうでした。西村厩舎は来週の阪神芝1800メートルにも【チェスナットドレス(牝、父ディープスカイ、母アドマイヤドレス)】がスタンバイ。「ゆったりとしている馬なので、距離は長い方がいいのかなと思います」と話していました。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

阪神7R・8シュッドヴァデル(前走は発馬こそよかったが、小回りで忙しく、位置取りが厳しくなった。しまいの伸びを見る限り、惜しい競馬。今度こそだ)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神10R・13アポロテネシー(揉まれにくい外枠に加え、先行激化が見込めるメンバー。差し込んでくる)

阪神11R・6プレスティージオ(この馬も揉まれると厳しいタイプ。少頭数で外めの枠。外を回ってでも、力を発揮すれば)

中山9R・7ナムラムツゴロー(最近は先行すれば、実にしぶとい。中山も合いそうな雰囲気)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬専門サイト馬トク

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請