【ボートレース平和島】島倉都が水神祭「親に報告したいです」

島倉は長岡花火のTシャツを着て、地元新潟愛をアピールした
島倉は長岡花火のTシャツを着て、地元新潟愛をアピールした

 6日のボートレース平和島3日目1レースで、1号艇の島倉都(22)=群馬支部・120期=がコンマ10のトップスタートから1Mを先に回って押し切り、初勝利を手にした。「道中で焦ると、コケそうになるので」と冷静に周回を重ねて水神祭を飾った。島倉は17年5月5日に桐生でデビュー、2年4か月2日目、通算303回目の出走で、ようやく決めた。「後輩が水神祭をあげていて…。正直、焦りはありました」と勝てない日々があった分だけ、喜びがふくらみ「親に報告したいです」と笑みがこぼれた。

 島倉都「ホッとしています。1着を増やしたいのはもちろんですけど、2、3着をしっかり取って、勝率を上げたいです。今節のスタートは勘通りに行けています。今は、全速で行けました」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請