NBA目指す馬場雄大、18得点で猛アピール 「(米国の)選手たちを倒すためにやっていく」

18得点した馬場(ロイター)
18得点した馬場(ロイター)

◆バスケットボール男子 W杯 1次リーグE組 日本45―98米国 ◆第6日(5日、上海・東方体育中心)

 1次L最終戦が行われ、世界ランク48位の日本は、同1位の米国に45―98で敗れ、3戦全敗となった。日本は1次L最下位で順位決定戦に進み、7日にニュージーランド、9日にモンテネグロと戦う。

 米国戦で輝いたのはNBA入りを目指す馬場雄大(23)=A東京=だった。3点シュート2本に加え、スチールから速攻で得点につなげるなど躍動。チーム最多の18得点で、NBAの各チーム関係者も見守る大舞台で猛アピール。「今までやってきたことは間違いじゃないと思えた。(チームの)先陣を切って走っていった。この(NBAの)選手たちとやるのが夢だった。今度はこの選手たちを倒すためにやっていく」と力強く語った。

 馬場は7月にもNBAの若手の登竜門とも言われるサマーリーグにマーベリックスの一員として参加した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請