【巨人】中川がマシソンが2点守れず逆転負けで5連敗 原監督「切り替える」

8回、逆転を許し途中で降板するマシソン(左)を見つめる原監督(カメラ・生澤 英里香)
8回、逆転を許し途中で降板するマシソン(左)を見つめる原監督(カメラ・生澤 英里香)
8回2死一、三塁、石垣(左)に二塁打を打たれた中川
8回2死一、三塁、石垣(左)に二塁打を打たれた中川

◆巨人2―3中日(5日・東京ドーム)

 巨人が逆転負けし、今季2度目の5連敗を喫した。4日(前橋)に2回4失点で降板していたエース・菅野がこの日、腰痛のために登録を抹消。その非常事態に、桜井が7回1安打無失点の熱投を演じた。打線も7回に代打・ゲレーロの18号ソロなどで2点を先取したが、8回、中川とマシソンが計3安打を浴びて3失点。チームの歯車がかみ合わず、5年ぶりのリーグ優勝への正念場だ。

 これが今の流れなのだろうか。巨人の必勝パターンの前に、中日打線が立ちはだかった。2点を先制した直後の8回、救援陣が3失点して5連敗。原監督は「(7回に)2点を最少のチャンスの中で取れて(8、9回)2イニング、2点を守ることができなかったということですね」と振り返った。チームの危機的状況を打破するのは簡単なことではない。1つ勝つ難しさを痛感した試合だった。

 先発・桜井が7回1安打の快投。その右腕に0―0の7回、代打を送って2得点という最高の流れだった。8回に登板の中川が2死三塁から大島に四球、京田の代打・石垣に適時二塁打で降板。代わったマシソンが福田に左中間への逆転二塁打を浴びた。「中川がね、ストライクを取ることに一生懸命じゃ、なかなか抑え切れないでしょう」と原監督。3年ぶりの中日戦同一カード3連敗となった。

 今季2度目の5連敗。その間5試合のチーム打率は2割1分、1試合平均得点2・2点と打線に元気がない。そんな時だからこそ、守り勝つ必要があり、勢いに乗るチャンスだった。8月だって5連敗スタートから月間勝ち越し。1つ勝てば状況は好転するはずだ。

 この日、菅野が腰痛のため登録抹消。宮本投手総合コーチが「10日で帰って来られると思う」と話すように、最短での復帰を目指すが、その間はエースなしで戦うことが確定した。非常事態に、試合前はスタッフが東京Dグラウンドに盛り塩。何とか流れを変えようと必死に戦うも、あと一歩及ばなかった。試合後、主将・坂本勇の言葉には闘志が宿っていた。

 「そんな簡単に優勝できると思っていないし、みんなそうだと思う。こういう結果になったことをみんなが受け止めて、何とかしていかないといけない」

 そう、チーム状態は今が底。5年ぶりの優勝へ最後の試練だ。8月30日から甲子園で阪神3連戦後、移動日に飛行機で新潟へ。新潟でナイター後にバスで深夜に前橋移動、前日4日は前橋でナイター後にバスで深夜に帰京という変則日程で迎えたこの日の東京Dでの一戦。原監督は強調した。

 「今まで通り切り替えること。みんなで戦っているわけですから。こういう時もあるし、それを切り替えていくということですね」

 残り18試合。全員一丸で戦ってエース菅野の復帰を待つ。状況が必ず好転すると信じて、前を向くしかない。(片岡 優帆)

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細
8回、逆転を許し途中で降板するマシソン(左)を見つめる原監督(カメラ・生澤 英里香)
8回2死一、三塁、石垣(左)に二塁打を打たれた中川
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請