“イナヅマ”木村健悟氏に平成維震軍の新道着が用意された…金曜8時のプロレスコラム

平成維震軍の(左から)木村健悟氏、越中詩郎、ザ・グレート・カブキ、青柳政司
平成維震軍の(左から)木村健悟氏、越中詩郎、ザ・グレート・カブキ、青柳政司
現役時代の木村健悟氏
現役時代の木村健悟氏

 東京都品川区議会議員として3期目を務めている元プロレスラーの木村健悟氏(66)が、久しぶりにプロレスファンの前に姿を見せた。“サムライ”越中詩郎(61)率いる平成維震軍によるトークショー「“熱風”フルスイングトーク 令和も維震魂で!」が8月31日に東京・東洋館(浅草フランス座演芸場)で開催され、越中、ザ・グレート・カブキ(70)、青柳政司(62)とともに木村健悟氏が参加した。

 2003年に引退し、11年に品川区議に転身した健悟氏が参加するのは異例で、平成維震軍は令和になっても不滅であることを証明する決起集会となった。プロレスグッズを展開するチーム・フルスイングが主催し、トークは評論家の流智美氏(61)が進行。ファン約100人がその歴史と裏話に聞き入った。

 杖をついて登場した健悟氏。区議になってから難病の黄色靱帯骨化症と闘っていることを公表。元”稲妻戦士“は、そんな悲壮感は見せず「初めまして、石原裕次郎です。いや間寛平かな」と言って笑わせ、能弁で親しみやすい区議としての顔を見せた。

 平成維震軍は、1999年に一度は解散したものの、令和になっても、越中を中心に活動を行っており、トークショー前夜の30日にも東京・後楽園ホールで開催された武藤敬司プロデュース「PRO―WRESTLING MASTERS」で越中、青柳が、AKIRA(53)、斎藤彰俊(54)と組み、カブキがセコンドで登場。蝶野正洋(55)率いるT2000のスコット・ノートン(58)、天山広吉(48)、小島聡(48)、ヒロ斎藤(58)と対戦し、勝利を飾ったばかりだ。

 1992年に青柳率いる空手団体・誠心会館の門下生と小林邦昭氏(63)とのトラブルから、越中、小林氏と青柳、斎藤彰俊との抗争に発展。道場の看板をかけた戦いを経て、4者に友情が芽生え、新日本プロレス選手会長の蝶野と対立。反選手会同盟が結成された。そこに仲裁に入ったのが健悟氏だった。

 「忘れたよ」と言いながら、健悟氏は「僕の立場として仲裁したけど、うまくいかなくて、そういう立場になってしまった。失敗だったですね。あのまま新日(本隊)にいたら、社長になってたかもしれない」と思わせぶりに語った。

 そこへ、越中から突っ込みが入った。「(反選手会同盟として)決起しようとみんなで丸坊主にしたら一人だけ角刈りがいたんですよ。木村さんだけが違った。意気込みが全然違うじゃないですか」これに健悟氏は「僕だけが角刈りですいません。あの頃は勇気いったんです。離婚をとるか、丸坊主にするかと言われまして。すいませんでした」と27年後の謝罪となった。

 ともあれ、新日本の準エース格の健悟氏を援軍に、天龍源一郎(69)率いるWARに先兵として乗り込んで盛り上げた。そこにWAR側のカブキも加わり、反選手会同盟は93年に平成維震軍へと発展。94年11月13日に新日本の別動隊として、東京ベイNKホールで旗揚げ戦を行った。

 越中は「(新日本本隊への)橋渡しだと、薄々は感じてたんですが、そうはならないぞ、と思ってやっていた」と「やってやるって」精神を振り返り、健悟氏は「あれがあったから、今の新日本プロレスがある」と自主興行も打てる新日内ユニットの先駆けであることを自負した。

 白袴がトレードマークの越中をモチーフに、平成維震軍は、黒、赤、紫などのカラー道着を着用し、「覇」の軍団旗とともに、武骨なイメージを演出した。越中は「シリーズごとに道着を作ってたんですね。でも(再結成した時)、3着持ってる人は誰一人いなかったんです。みんなプロレスショップに売ってるんです」と裏話を披露。昨年の「PRO―WRESTLING MASTERS」で黄色を新調した。

 道着係を担当している青柳は「マスターズ用の黄色い道着は、今年は木村健悟さんと小林邦明さんのを用意してますから。今出てないですけど、木村さんと小林さんがいつでもカムバックできるように…。カムバックしてください」と健悟氏に呼びかけた。

 「僕ですか。無理でしょ、これ」と杖を掲げて、渋い表情をしたが、青柳が「木村さんのイナヅマ(レッグラリアート)見たいですよね」と言って観衆をあおり、拍手喝采を浴びると、健悟氏は笑みを隠せなかった。

 さらに青柳は「来年にもし2月にマスターズやったら、新道着になりますから、期待してください」と新カラーになることを予告。「せめて袖通してくださいよ」と健悟氏に懇願した。健悟氏は「ここに来るまで大変だったんですよ」「門限があるので早く帰らないと」などと、ボケを連発してはぐらかすのに必死だった。

 青柳は、武道家として礼節ある物腰で、平成維震軍のみならず、藤波辰爾(65)のドラゴンボンバーズに加入したり、プロレスリング・ノアで引退セレモニーをしてもらうなど、いろんな団体を渡り歩き、その交渉力には定評がある。「PRO―WRESTLING MASTERS」には、馳浩衆院議員(58)や文京区議の西村修氏(47)が出場し、公務と両立できている。稲妻レッグラリアートやトライアングルスコーピオンはハードルが高いかもしれないが、道着姿の木村健悟が見られることに期待したい。(酒井 隆之)

平成維震軍の(左から)木村健悟氏、越中詩郎、ザ・グレート・カブキ、青柳政司
現役時代の木村健悟氏
すべての写真を見る 2枚

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請