【東京新大学リーグ】創価大4人がプロ志望届提出、152キロ右腕の小孫が開幕白星発進

開幕戦で5回3安打1失点に抑えた創価大・小孫
開幕戦で5回3安打1失点に抑えた創価大・小孫

◆東京新大学秋季リーグ第1週第1日 ▽創価大9―1杏林大=7回コールド=(4日・大田スタジアム)

 ドラフト候補に挙がる創価大の最速152キロ右腕・小孫竜二(4年=遊学館)が、開幕戦で5回3安打2四球1失点3奪三振。春秋連覇に向けて白星スタートを切った。

 2回先頭に左前安打を許したが、投前バントで二塁封殺。さらに、けん制で一塁走者を刺した。フィールディングを含め、「自分の持ち味。狙えるところは狙っていった」。5回1死で右越えソロを浴びたが、最速148キロをマークした。プロ10球団のスカウトが視察。ヤクルト・伊東編成部長は「オーソドックスでまとまった投手」、中日・八木スカウトは「マウンドさばきがいい。球に力はあるので、もっと制球できれば、見栄えが変わって楽しみ」と語った。

 3学年上の田中正義(現ソフトバンク」、池田隆英(現楽天)に交じり、1年春から先発した右腕だが、今春はリーグ戦後に右足甲を痛め、全日本大学選手権で登板なし。同じドラフト候補右腕の杉山晃基(4年=盛岡大付)、望月大希(4年=市船橋)の好投を「ベンチで見ていて、悔しい気持ちはあった」。夏のオープン戦で自己最速を2キロ更新。開幕前日の3日に、杉山、望月、4番・山形堅心一塁手(4年=明徳義塾)と4人でプロ志望届を提出した。小孫は「最後のシーズンなので、チームの勝利だけを思って投げたい」と決意を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請