石田ゆり子、インスタ投稿炎上→削除で批判の声に反論「勝手に物語を作りすぎ」

インスタグラムより@yuriyuri1003
インスタグラムより@yuriyuri1003

 女優の石田ゆり子が4日、自身のインスタグラムを更新。先日の投稿を削除したことについて改めて真意を説明し、反響を呼んでいる。

 石田は2日にインスタを更新し、インスタグラムの情報を元にした取材を受けて困惑したことを吐露。直後に投稿を削除し、3日に愛猫を抱っこした写真とともに「削除はしたもののやはりモヤモヤはします」などとつづっていた。

 この日は「朝からこんな話で申し訳ないのですが先日の投稿を削除したことでなんだかよくない空気を感じるので改めてもう一度誤解のないように書きます。長くなったらごめんなさい」と切り出し、「連日、映画のプロモーションのために取材やら打ち合わせやらの日々なのですが 改めて感じるのはインスタグラムやネットの情報をとても頼りにしておられるあまりに 一期一会の取材の場なのに予定調和のやりとりといいますか新鮮味のない話で終わることも多く。正直わたしはネットをあまりに頼りにされるととても寂しい気持ちになるのです」と改めて思いを記述。

 続けて「生きてる人間同士のやりとりはその場の空気を一番大切にするべきだと思うのですよね。もちろんインスタを見て下さってることはありがたいけれど、もっとオリジナルな予想できないような切り口から取材してもらえることってもうないのかなぁとふと思った…ということですね」とつづった。

 その上で「記者の方が読んだら傷つく、かわいそうだという意見がありうーん?それは勝手に物語を作りすぎだと感じました。そういうことじゃあないんですよ」と批判の声に反論。「私の思ったこと記録のはずなのになぜかそれが善悪で語られてしまう怖さはSNSの怖さなのかもしれません。日々の記録はそれ以下でもそれ以上でもないのです。どうかそのまま善悪の区別などされずにふーん、そうおもってるんだね、とだけ感じてもらえたら」と呼びかけていた。

 この投稿には「削除したくなる事になっても、結局きちんと書いてくれるゆり子さん、改めて素敵だなと思いました」「ゆり子さんの言っていることは間違ってないと思います」「重箱の隅をつつく人が多いSNSの世界です。気にしないで下さい!」など1700件を超えるコメントが寄せられている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請