【広島】エルドレッドの現役引退を発表 駐米スカウト就任「カープの一員で引退できるのは名誉」

スポーツ報知
エルドレッド

 広島は4日、昨季まで在籍したブラッド・エルドレッド内野手(39)の現役引退と駐米スカウト就任を発表した。今季は日本球界復帰を希望したが、所属先がなく、ユニホームを脱ぐことを決断した。

 エルドレッドは2012年6月に米大リーグ・タイガースから広島入り。14年には37本塁打でタイトルを獲得するなど長距離砲として貢献した。昨季まで広島の外国人選手として歴代最長の7年に渡って所属し、同じく球団の外国人選手として歴代2位の通算133本塁打を放った。子供を広島市内の公立小学校に通わせ、自身も球場まで“ママチャリ通勤”する姿や、「カントリー」のニックネームなどでファンからの人気も高かった。

 球団はこれまでの功績をたたえ、9月15日のヤクルト戦(マツダ)で引退セレモニーを開催することも発表。記念グッズの発売も行う。

 以下はエルドレッドのコメント。

 「広島東洋カープの一員として引退できることは大変名誉なことです。

 私と家族にとって、思い出深い7年間にしてくださったチームメイト、監督、コーチ、スタッフ、球団職員、特にファンの皆様と一緒に日本で引退を祝えることをとても幸せに思っています。

 広島東洋カープの選手でいられたことを私はとても恵まれていたと感じており、これからもずっとカープの家族の一員でいられることを誇りに思っています。近日、皆様とお祝いできることを楽しみにしています」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×