馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

帰ってきた!(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は久々に火曜日から栗東でのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、先日のこと。友人からゴーダチーズというモノを頂きました。黄色くて大きな塊状のチーズなんですが、これをどう調理するのか。全くの料理音痴であるワタクシは正直、到底分からない。こんな時はクックパッドだと思って、ネットを見てみたんですが、何やら難しそうな料理が続々…。ということで、今や手詰まり状態になっているところです。まだ、賞味期限まで時間がありますから、どうするのか熟考しますわ。簡単な調理法をご存じの方、またツイッターなどにご一報を。

 しかし、これぐらいの年の独身男子になると、料理にこだわりを持っている方が非常に多い。もう、買っている食材からして「違う」人がいますもんね。出汁からこだわったり…。少し前に友人宅で男3人の飲み会があったんですが、その家に住んでいる友人の手際のよさ、さらに様々なバリエーションのアテを出してくるアイデアといったら、今までの付き合いで一番感動したほど。今や女子だけでなく、男友達でも、料理ができることに敬意を感じる今日この頃です。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も栗東でのナマ情報を中心にお伝えしていきましょう。

 9月に新馬攻勢をかける池江厩舎、先週末にペルシアンナイトと非常に似た配合となる【イグニタス(牡、父ハービンジャー、母ガーネットチャーム)】と全姉にジェンティルドンナを持つ【ダブルアンコール(牝、父ディープインパクト、母ドナブリーニ)】が入ってきました。ラストアンコールについては「体は少し成長していますが、気性に注意しながら調整しないといけないような感じです」と池江調教師。まずはゲート試験の合格を目標にするようです。あと、須貝厩舎にサートゥルナーリア、エピファネイア、リオンディーズの妹になる【ファーストフォリオ(牝、父キングカメハメハ、母シーザリオ)】が入ってきましたね。こちらはまた、取材しておきます。

 ということで、今日のタイトルは音無厩舎のことなんです。本日、栗東に【プラトン(牡、父ディープインパクト、母ロベルタ)】が入ってきました。そして、これからは阪神4週目の芝1800メートルを目標に調整していくようです。鞍上はルメールJ。今日、戻ってきたばかりですが「向こう(放牧先)では『この兄弟で一番いいかな』という話を聞いている」と音無調教師は話していて、期待値は相変わらず高そうです。

 同じく近藤英子オーナーの所有馬で、当初はこの阪神芝1800メートルを予定していた【アリストテレス(牡、父エピファネイア、母ブルーダイアモンド)】は翌日の中山、スプリンターズSの日の芝マイルに変わりました。こちらもルメールJが騎乗予定。「坂路で1回目からまずまずの時計が出ていたからね」とトレーナーは話します。その1週前、阪神3週目の芝2000メートルには以前も書いたように【ヴァーダイト(牡、父ディープインパクト、母クリソプレーズ)】がスタンバイ。「まだ緩いんだけど、バネがありそうな走りをしていると思う」と期待しているようでした。まぁ、上にクリソベリル、クリソライト、リアファル、マリアライトとすごい馬たちを持つ血統馬ですからね。

 さて、新潟2歳Sで無傷の2連勝を飾った【ウーマンズハート(牝、父ハーツクライ)】は阪神JFに直行することになりました。「来年もある馬だし、間隔を空けても問題ないと思う」と西浦調教師。デビューから2戦がともに上がり32秒台という圧巻のパフォーマンスでしたが、「ソコソコは走ると思っていたけどね。2戦とも中身の濃い走りだったと思う」と評価していましたよ。そのレースで2着だった安田隆調教師の【ペールエール(牡、父ダイワメジャー)】はデイリー杯2歳Sから朝日杯FSを目指すことに。「右回りをどんな走りをするかですね」とトレーナーは話していました。

 最後に西村厩舎。新馬、コスモス賞と連勝中の【ルーチェデラヴィタ(牝、父キズナ)】はアルテミスSから阪神JFを目指すことになりました。また、小倉で初勝利を挙げた【グランスピード(牡、父キズナ)】は引き続き、福永Jとのコンビで野路菊Sへ向かいます。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

馬トク

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請