ママさん寺田明日香、日本新で世陸 ラグビー転向6年ぶり復帰で女子100メートル障害12秒97

女子100メートル障害で12秒97の日本新記録を樹立した寺田明日香
女子100メートル障害で12秒97の日本新記録を樹立した寺田明日香

◆陸上 富士北麓ワールドトライアル2019(1日、山梨・富士北麓公園陸上競技場)

 陸上の記録会「富士北麓ワールドトライアル2019」が1日、山梨・富士北麓公園陸上競技場で行われ、女子100メートル障害で寺田明日香(29)=パソナグループ=が12秒97(追い風1・2メートル)の日本新記録を樹立した。13秒00で金沢イボンヌと並んでいた記録を19年ぶりに更新。27日開幕のドーハ世界陸上の参加標準を突破した。

 寺田は無心だった。「1台目だけを意識した。中間は脚が回転するままに走った」。12秒97。日本新で世陸切符も獲得。先月、13秒00を出した際に金沢さんから「私の古い記録は早く抜いて」とSNSで激励された。日本勢初の12秒台に「タイマーを見た瞬間、うれしかった」。客席から「おめでと~」と声をかけた、まな娘の果緒ちゃん(5)に笑顔で応えた。

 7人制ラグビー転向を経て、今季から6年ぶりに陸上界に復帰。「違う動きを1年半くらいやれたのは大きい」。夫の佐藤峻一さん(36)も「(ラグビーの)フィールドでは、トラックと違って力がないと進めない。もともとの特徴だった、地面をとらえる力が増えた」と話す。子育ての合間に練習は週3~4日。週6~7日だった以前より量は減るも「時間の使い方も考えて、家族で頑張れている。全部プラスしかない」と寺田は言い切った。

 東京五輪の参加標準は、世陸より高い12秒84。ママさんハードラーは「ここがスタートライン。どんどん進化したい」と胸を躍らせていた。(細野 友司)

 ◆寺田 明日香(てらだ・あすか)1990年1月14日、札幌市生まれ。29歳。小4から陸上を始める。恵庭北高を経て2008年北海道ハイテクAC入り。09年ベルリン世陸代表。13年6月の日本選手権を最後に引退。14年3月に結婚、8月に長女・果緒ちゃんを出産。7人制ラグビーへの挑戦を経て「娘に五輪に出ている姿を見せたい」と今季から陸上界復帰。167センチ、50キロ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請