【東都大学準硬式野球】中大・足立が3打点の活躍

3打点の活躍をみせた中大・足立
3打点の活躍をみせた中大・足立

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 中大9―5帝京大(1日・ダイワハウススタジアム八王子)

 中大が帝京大に逆転勝ちし、勝ち点1を挙げた。2点を追う5回、足立裕紀(2年=八戸学院光星)のこの日3打点目となる適時打で1点を返し、6回には友田真志(2年=都城商)の適時打で同点に。7回には河野翔吾(3年=報徳学園)の左前打に敵失がからんで勝ち越し、8回にも3点を加えた。帝京大は3回に斎木駿也(2年=帝京三)の適時打などで3点を先制して序盤はリードする展開だったが、中盤以降はミスがからんでの失点が響いた。

 中大・足立裕紀「今日も強気なプレーができチームの勝利に貢献できました。次も勝ちにこだわって挑みます」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請