関西大学ラグビーが開幕 昨季全国準Vの天理大は大体大から10トライ完封

開幕戦で大体大に圧勝した天理大フィフティーン
開幕戦で大体大に圧勝した天理大フィフティーン

 関西大学ラグビーのAリーグが31日、開幕した。昨季の大学選手権で準優勝し、リーグ戦4連覇を目指す天理大は昨季7位の大体大に68―0で快勝した。前半8分に主将のフランカー岡山仙治(4年)=石見智翠館=のトライで先制すると、その後も細かく加点し合計10トライ。さすがの試合運びで相手を圧倒し、開幕戦を白星で飾った。

 今季は9月中旬から11月の初めまで、ラグビーW杯による中断期間が挟まるため例年より大幅に開幕が早まった。加えてこの日は雨と決して良いコンディションではない中での開幕ゲームになったが、小松節夫監督は「開幕なのでこんなもんじゃないかと。準備不足ではないけど、気持ち的にミスが多かった。相手どうこうより、自分たちのラグビーを目指していかないと」と表情を引き締めた。後半はミスも目立ち、なかなかトライまで持ち込めない時間帯もあったが「向こうのペースになる前に切り替えられたのは収穫」と主導権を握り続けたことを評価した。次節は8日に関学大と天理親里で15時から試合を行う。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請