女子78キロ超級で素根が初優勝 朝比奈は銅 男子の原沢は世界ランク1位撃破で決勝進出

オルティス(左)の指導3つによる失格負けで初優勝を飾った素根輝(カメラ・相川 和寛)
オルティス(左)の指導3つによる失格負けで初優勝を飾った素根輝(カメラ・相川 和寛)
オルティス(左)の指導3つによる失格負けで初優勝を飾った素根輝(カメラ・相川 和寛)
オルティス(左)の指導3つによる失格負けで初優勝を飾った素根輝(カメラ・相川 和寛)

 柔道の世界選手権第7日は31日、東京・日本武道館で男子100キロ超級、女子78キロ超級を行い、女子は素根輝(19)=環太平洋大1年=が初の世界女王に輝いた。準々決勝で敗れて2連覇を逃した朝比奈沙羅(22)=パーク24=は銅メダルを死守した。

 素根は決勝で、最新の世界ランキングで1位のオルティス(キューバ)と対戦。右組み手の相手に対し、体落としを仕掛けていく。指導1つリードされたままゴールデンスコアの延長戦に突入。素根はさらに積極的に技を仕掛けると、消極的な相手に指導が与えられた。なおも前に出る日本のホープに押され、場外に出たオルティスに審判が指導を与え、素根の反則勝ちが決まった。

 初戦の2回戦から2試合連続で一本勝ち。続く準々決勝は反則勝ちして準決勝に進むと、トルコ選手から体落としで技ありを奪った。そのまま崩れけさ固めに押さえ、27秒の“秒殺”で合わせ技一本勝ち。初の決勝進出を決めた。

 2017年の無差別女王で、昨年の78キロ超級チャンピオン・朝比奈は3位決定戦で豪快な一本勝ちを収め、3年連続で世界大会でのメダル獲得となった。

 男子は初優勝を目指す男子の原沢久喜(27)=百五銀行=が決勝進出を決めた。

オルティス(左)の指導3つによる失格負けで初優勝を飾った素根輝(カメラ・相川 和寛)
オルティス(左)の指導3つによる失格負けで初優勝を飾った素根輝(カメラ・相川 和寛)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請