【東都大学準硬式野球】日大・錦戸が逆転打

初回、逆転の2点適時打を放った日大・錦戸
初回、逆転の2点適時打を放った日大・錦戸

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 日大7―2国士舘大(31日・ダイワハウススタジアム八王子)

 秋季リーグ戦が開幕。春5位の日大が序盤の集中打で連覇を狙う国士舘大に先勝した。

 国士舘大は初回、齋藤大成(1年=専大北上)の左前打で先制するが、日大はその裏、無死満塁から錦戸敦義(3年=東大和)の2点右前打で逆転し、さらに石田崇人(3年=日大東北)の右犠飛で1点を追加。2回には長濱莉来(2年=長崎日大)の中前適時打で2点を追加。5回、8回にも1点ずつを加えた。国士舘大は6回、敵失で1点を返すも、日大の継投に反撃を封じられた。

 日大・錦戸敦義「開幕戦で勝ててよかったです。優勝するために明日も勝ちます」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請