宝塚宙組・真風涼帆がトップ就任後初の全国ツアー「めっちゃ好きやで~!」

「NICE GUY!-その男、Sによる法則」真風涼帆(右)と星風まどか(C)宝塚歌劇団
「NICE GUY!-その男、Sによる法則」真風涼帆(右)と星風まどか(C)宝塚歌劇団

 宝塚歌劇宙組の全国ツアー「追憶のバルセロナ」(作・演出、正塚晴彦)「NICE GUY!―その男、Sによる法則」(作・演出、藤井大介)が31日、大阪・梅田芸術劇場メインホールで華やかに初日の幕を開けた。

 宙組トップコンビ・真風涼帆&星風まどかにとって、2017年11月のトップ就任以来、初めての全国ツアーとなる。真風はカーテンコールで「あんな~、めっちゃ好きやで~!」と大阪弁でファンにメッセージを送るなど、ツアーならではのご当地感を楽しんだ。

 「追憶の―」は02年、雪組トップコンビ・絵麻緒(えまお)ゆう&紺野まひるの大劇場トップお披露目&サヨナラで上演されたミュージカルの17年ぶりの再演。フランス軍との戦いで記憶を失ったスペイン貴族の嫡子フランシスコ(真風)が、やがて祖国の誇りを取り戻すべく奮闘する物語。真風は「音楽を聴くだけで血わき肉躍る。この世界観に吸い込まれる感覚は快感です」と満足気な表情。

 一方、「NICE―」は11年宙組(トップ・大空祐飛)のショーの8年ぶりの再演。当時、サブタイトルは「Y(祐飛のイニシャル)の法則」だったが、涼帆の「S」でリニューアル。宙組の2番手・芹香斗亜(せりか・とあ)、3番手・桜木みなと、4番手・和希そらも全員「S」の持ち主で、大劇場以外で宙組四天王がそろい踏みする豪華なステージとなった。真風は「YをSに変えさせていただき、身に余る光栄。精いっぱい盛り上げたい」と話した。

 公演は9月2日まで梅田公演を行い、9月23日の千葉・市川市文化会館まで続く。「8月は終わり、暑さはやわらぐかもしれませんが、ここ(舞台)はアツいです。各地をアツく、一緒に回ってください」と真風は宙組ファンに同行を呼び掛けた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請