第3ラウンド前半終了 比嘉一貴が2打差の単独首位 石川遼は5打差9位

比嘉一貴
比嘉一貴

◆男子プロゴルフツアー RIZAP・KBCオーガスタ 第3日(31日、福岡・芥屋GC=7103ヤード、パー72)

 夏晴れの下、日没で順延されていた第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われている。

 第3ラウンドの最終組が前半9ホールをターンした。ツアー初優勝を狙う比嘉一貴が、通算17アンダーの単独首位をキープ。M・ヘンドリー(ニュージーランド)が2打差の2位。昨季の賞金王・今平周吾、通算2勝の岩田寛が3打差の3位で続く。S・ビンセント(ジンバブエ)、小平智、黄重坤(韓国)、G・チャルングン(タイ)、A・キュー(フィリピン)が4打差の5位で並ぶ。

 16年大会覇者でツアー史上最多に並ぶ3戦連続優勝を目指す石川遼選手会長、星野陸也、地元・福岡県出身の時松隆光らが12アンダーの10位。07年大会王者の宮本勝昌、地元・福岡県出身の14年賞金王・小田孔明は11アンダーの13位。2009、15、17年大会王者の池田勇太は10アンダーの18位。アマチュアの杉浦悠太(福井工大福井高3年)は36位となっている。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請