【侍U18】日本が武岡の犠飛で1点を追加 2表終了3―0

東邦・熊田
東邦・熊田

◆U―18ワールドカップ第2日 ▽オープニングラウンドB組 日本―南アフリカ(31日・機張現代車ドリームボールパーク)

 12の国・地域で争う野球の18歳以下によるU―18ワールドカップ(W杯)は31日、韓国の機張で第2日を迎えた。初の世界一を目指す日本(世界ランク1位)は、南アフリカ(世界ランク23位)と対戦。現在、2回表が終了し、3―0と日本がリードしている。

 初回に6番・熊田任洋(とうよう)遊撃手(東邦・3年)の2点適時中前打で先制した日本は、2回にも一死二塁から1番・森敬斗中堅手(桐蔭学園・3年)が左前打を放ち、相手左翼手の本塁送球間に二進して、二、三塁に。つづく、武岡龍世右翼手(八戸学院光星・3年)がセンターへ犠牲フライを放ち、1点を追加した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請