関西選抜が2連勝で頂点…第20回記念鶴岡一人記念大会・小学生の部

小学生の部で優勝した関西選抜ナイン
小学生の部で優勝した関西選抜ナイン

◆日本生命カップ第20回記念鶴岡一人記念 ◇小学生の部▽リーグ戦 関西選抜8―4東日本選抜、関西選抜6―2福岡県選抜(24、25日・リブワーク藤崎台球場ほか)

 「日本生命カップ第20回記念 鶴岡一人記念大会」は、小学生の部で関西選抜が優勝した。

 悪天候のため、小学生の部は初日全試合が中止。リーグ戦のみとなったが、関西選抜・山口監督(大阪八尾)は「2試合やれるのだから、そこに集中してやろう」と呼びかけ、選手もそれに応えた。

 初戦は初回、新名(大阪泉州)の適時二塁打などで逆転勝利。続く福岡県選抜戦は同点の4回に今井(大阪八尾)、新名の連打で勝ち越し。2連勝で頂点に立った。「チームみんなで仲良くやれたことで、優勝がかなったと思う」と永山主将(大阪八尾)。2試合で計3安打の今井は「(このチームは)強い。声も出て、守備も打撃もいい」。グラウンド外も選手たちはカードゲームを楽しむなど仲が良かった。

 投打の活躍でMVPに輝いた中野(大阪泉州)は選手権、アンダーアーマーカップに続く3冠目に「何度も優勝できて楽しい」と笑み。結束力ある関西選抜が、熊本の地で躍動した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請