馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

注目馬が多いんです(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は金曜恒例、梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、悪夢再びです。昨日は栗東でブログを途中までパッチパチと打った後、自宅で続きを書こうと思い、ワタクシの車で帰っていたのですが、高速を降りて、自宅に近づいてきた時のこと。外はすさまじい雨が降り、その音が響いていたのですが、明らかに異質な「ガガガッ」という音がまざっています。何か少しだけハンドルを取られるような感じも。しかも、信号で止まると、車が右に傾いたような感覚。一瞬でピンときました。そう、右の前輪がパンクしていたのです。

 思い出したくもない、3か月ほど前。高速道路上で左前のタイヤがパンクし、ノーコントロールで避難するアクシデントがあったばかりです。しかも、あの時、タイヤは替えているというのに、こんなに早くパンクするなんて…。とはいえ、そんなことを考えている余裕はない。前も見えないほどの豪雨でしたが、幸運なことに近くにタイヤ館さんがありましてですね。ということで、そこで事なきを得たんですが、原因を調べてもらうと、何かが突き刺さったような後がタイヤにあったとのこと。そりゃ、どうしようもない。しかし、今までパンクなんて20年近くで1回しかなかったのに、この3か月でも2回もしますかね、ホントに。大事故にならなかっただけ、まだいいんですが…。

 実は昨日の後半部分、タイヤ館さんでのパッチパチでした。ということで、無事な我が身と今日は机でパッチパチできることに感謝しつつ、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 新潟5Rの新馬には中内田厩舎の【ミッキーメテオ(牡、父ルーラーシップ、母メテオーリカ)】が登場します。ここからは前日に続き、「達人」吉村クンからの情報提供なんですが、ここで一つ訂正です。実は昨日、フェアレストアイルについて触れた猿橋助手のコメント、実はこのミッキーメテオに関するものでした(すでに今は直しています)。昨日書いた【フェアレストアイル(牝、父ディープインパクト、母スターアイル)】に関しては、「チップより芝の方がいい動きをしますね。まだ非力なところはあるけど、今週は動けていました。すごく走りが軽くて、体の割に跳びが大きいですね」と話していたようです。大変、失礼いたしました。

 で、このミッキーメテオはと言いますと、「ゲートは出てからもソコソコ出るし、水準です。性格はおとなしい。走り出すと優秀な方だと思いますし、長く脚を使えそうです」とのこと。恐らく、新潟外回りへの適性を踏まえての投入ではないかと思います。どんな走りをしてくれるかですね。

 さて、ここからはPOG情報。友道厩舎には昨日、セレクトセールで5億8000万円の【アドマイヤビルゴ(牡、父ディープインパクト、母イルーシヴウェーヴ)】が入ってきましたが、今日も2頭が入ってきているはずです。まずは母に欧州の名牝を持つ【デゼル(牝、父ディープインパクト、母アヴニールセルタン)】ですね。こちらは、すでにゲート試験に合格していまして、今後は順調にいけば、10月12日芝マイルの京都芝マイルを目標に調整していくとのこと。鞍上は、G1・2勝のお母さんに凱旋門賞で騎乗していたルメールJを予定しているようです、あと、同じくゲート試験に合格ずみの【ヒュッゲ(牡、父ハーツクライ、母ムーンライトダンス)】ですね。友道調教師の期待も大きな一頭です。10月6日の京都芝2000メートル、岩田Jでのデビューを目標に調整していくとのことです。

 さらに、阪神最終週の芝1800メートルを予定している佐々木主浩オーナーの【アヴェイル(牝、父フェノーメノ、母グレイスファミリー)】は和田Jとのコンビで出走とのこと。兄にアドマイヤディープを持つ【エバービクトリアス(牡、父ダノンシャンティ、母シーズアン)】は中山3週目、芝2000メートルをルーキーの菅原Jで予定しています。

 さて、現在の在厩馬ですが、野路菊Sを目指す【マイラプソディ(牡、父ハーツクライ)】の厩舎内での評判がいいですね。「今週(の調教)もよかったし、動けるようになってきた」と友道調教師が言えば、「まだ馬体に余裕があるのに、いい走りなんです」と安田助手の評価も非常に高い。実戦を使った経験値はかなり高そうです。あと、同じ週にデビューする【ポタジェ(牡、父ディープインパクト、母ジンジャーパンチ)】ですが、今週は芝コースでの追い切り。「芝の方が動きは良かったですね。まだモッサリとした面はありますが、徐々によくなってますよ」と安田助手は話していました。こちらは徐々にトーンが上がっている、という感じですかね。さらに、半兄にエタリオウを持つ【アドマイヤチャチャ(牝、父ディープインパクト、母ホットチャチャ)】も「体が絞れるにつれて、動けるようになってきました」と安田助手は話していました。

 中竹厩舎には明日の長岡Sに出走するミッキーブリランテの弟、【オールザワールド(牡、父キズナ、母エピックラヴ)】が戻ってきました。「成長を促すために出しましたが、いい感じで戻ってきました。この馬は距離ももつんじゃないかと思います」と中竹調教師。京都でのデビューを視野に調整しているようです。あと、函館2歳Sを勝った【ビアンフェ(牡、父キズナ)】は京王杯2歳Sへ向かいます。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

札幌1R・2ミヤマザクラ(初戦は素質馬ぞろいの中、追い出しを待つロス。スローで致命傷だった。スムーズに運べば、好勝負は必至)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

小倉4R・15ダンシングプリンス(既走馬相手の初陣だが、「調教の動きは抜群です」と野田助手。フレッシュさで一発)

小倉9R・4リトルウィッチ(「以前に乗った時、発馬直後の芝の走りが悪くなかった」と岩田望J。先行できれば)

札幌10R・8シンデレラメイク(手の合う菱田Jに戻り、時計のかかる馬場状態も魅力)

新潟11R・3アバルラータ(この距離の方が現状は合っている。外回りに替わる点も魅力)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

馬トク

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請