ユーチューバー折田アマ、棋士編入試験受験を宣言「受けさせていただきたいと思います」

折田翔吾さん
折田翔吾さん

 将棋の元奨励会三段で将棋講師の折田翔吾アマ(29)が30日に行われたプロ公式戦対局(収録テレビ棋戦のため棋戦名、対戦相手は非公開)に勝って直近の公式戦成績を10勝2敗とし、棋士編入試験の受験資格を獲得した。対局後、各社の取材に応じ「受けさせていただきたいと思っております」と資格行使を宣言した。

 大阪府出身の折田アマは2004年に棋士養成機関「奨励会」入会。11年から最終関門の「三段リーグ」に参戦したが、四段(棋士)昇段を果たせないまま、16年に26歳の年齢制限を迎えて退会を余儀なくされた。

 その後、ユーチューブで将棋の棋譜を実況・解説するユーチューバーとして活動しながら、将棋講師を務めている。アマチュアとして17年のアマ王将戦準優勝、18年の朝日アマ名人戦準優勝などの実績がある。

 プロ公式戦は一部の女流棋士やアマチュアに参加資格を認めており、公式戦で「直近成績で10勝、勝率・650以上」の規定を満たした女流やアマに棋士編入試験の受験資格を認めている。折田アマは18年度の第27期銀河戦で棋士相手に7連勝を飾るなど快進撃を続けてきた。

 編入試験は2006年に制度化。試験は新四段5人との5番勝負形式で行い、3勝すると四段(棋士)編入が認められる。資格獲得者は4人目で、14年には元奨励会三段、当時アマチュア強豪の今泉健司現四段(46)が受験し、3勝1敗で合格した。

 <折田アマに聞く>

 ―編入試験は。

 「受けさせていただきたいと思っております」

 ―どのあたりから意識を。

 「1勝、2勝くらいの時は意識していませんでしたけど、7連勝できて意識するようになりました」

 ―試験への意気込みは。

 「大変厳しい戦いになると思いますが、注目していただける勝負・舞台でいい戦いをお見せできたら。合格を目指して頑張ります」

 ―ユーチューバーとしても知られる。

 「奨励会を退会した後、ユーチューブで将棋の動画を挙げる活動しています。見て下さる方がいるのがモチベーションになり、前向きな気持ちで取り組めています」

 ―編入試験もユーチューブで…。

 「出来れば…流させていただけたらうれしい、と思います」

 ―本局の勝利の瞬間、どのような感情が。

 「今日の勝負に勝つか負けるかで自分の人生が変わってくるので、勝てて良かったという思いはありますけど、試験も大変な勝負になると思いますので」

 ―奨励会退会の時の思いは。

 「元奨励会の方はどなたも同じような思いはあると思いますけど、ひとつの人生が終わった、死んだ感覚に近いものでした」

 ―それから編入を目指したのか。

 「退会して、将棋の(アマチュア)大会も出だしましたけど、遠い夢という感じで。やはり銀河戦で連勝できてから、目指せる目標になってきたと思います」

 ―ユーチューバーとしての名前「アゲアゲ」に込めた思いは。

 「冗談みたいな感じで自分のキャラと逆のものを思いついたので、特に深い意味はなく付けました」

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請