ジョセフHC、過去最多の外国出身15人「フィジカル的な存在感がある」W杯メンバー発表

W杯日本代表メンバーを発表するジェイミー・ジョセフHC(カメラ・佐々木 清勝)
W杯日本代表メンバーを発表するジェイミー・ジョセフHC(カメラ・佐々木 清勝)
ラグビー日本代表の日程
ラグビー日本代表の日程
ラグビー比較
ラグビー比較

 日本ラグビー協会は29日、W杯日本大会(9月20日開幕)で史上初の8強入りを目指す最終登録メンバー31人を発表。ジェイミー・ジョセフ代表ヘッドコーチ(HC、49)は、都内で行われた会見で、胸を張って「偉業達成」を宣言した。前回大会よりFWが1人増えて18人、BKは13人に。外国出身選手は前回10人から過去最多の15人となった。南アフリカ代表との壮行試合(9月6日・熊谷)を経てW杯にアタックする。

 ジョセフHCは“31枚の勝負札”を切った。16年秋の就任から前日の28日まで、じっくり吟味。選手層を底上げし、手塩にかけて育ててきた桜の戦士たちの名を挙げ、「(以前は8強以上の)偉業達成を確約できなかったが、今は自信を持って言える。スタッフ、選手は150%の力を持って挑む」と言い切った。

 ■FW18人

 勝敗を左右するスクラム、ラインアウトのセットプレーで「代えの利かないスクラム専門職」のプロップを前回大会より1人多くした。1次リーグで対戦するロシア、アイルランドなど4チームは日本よりサイズもパワーも上。激戦となれば負傷者も出ることも見越して、選考は個々のサイズと経験値を重視した。「フィジカル的な存在感がある」と外国出身選手を手厚く。4大会連続選出のベテランでラインアウトの要となるトンプソンも選出した。

 ■BK13人

 SHは3人。3大会連続の田中、初の茂野と流に。メンバー入りが微妙だった田中を「ゲームの理解力があり、ここぞという勝負どころで正しい判断をしてチームを導いてくれる」と評価。司令塔としてここまで最も起用してきたSO田村については「もし(9月6日の)南ア戦で田村が足首を捻挫し、入れ替えるのかと問われたら、答えは『ノー』だ」と“心中覚悟”も示した。

 前哨戦のパシフィックネーションズ杯を全勝優勝し、「もはや日本は弱小とは思われていないし、奇襲攻撃もできない」と指揮官。スピードと展開力を上げ「得点力には絶対の自信がある」チームをつくった。課題の防御力は、9月6日の南アフリカ戦を「マストウィン(絶対勝つ)ではなくマストパフォーム(内容重視)だと思っている」とし、最後の総仕上げをする決意だ。

 人選の方はほぼサプライズなしだったが、南アからの金星など3勝を挙げた前回大会を超える、大会本番での“サプライズ”については「その準備はできている」と予告した。(小河原 俊哉)

日本代表メンバー一覧
W杯日本代表メンバーを発表するジェイミー・ジョセフHC(カメラ・佐々木 清勝)
ラグビー日本代表の日程
ラグビー比較
すべての写真を見る 3枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請