【巨人】吉川尚輝、外野手で実戦復帰…3軍戦に「9番・左翼」でスタメン

プロアマ交流戦で外野手として実戦復帰する巨人・吉川尚
プロアマ交流戦で外野手として実戦復帰する巨人・吉川尚

 腰痛のためファームで調整中の吉川尚輝内野手(24)が29日、3軍のプロアマ交流戦・中央学院大戦(G球場)で4か月ぶりに実戦復帰する。本職の二塁手ではなく「9番・左翼」での出場。段階を踏んでプレーの強度を上げていくなかで、動きの負担の多い内野手よりも、まずは外野手として復帰するプランが浮上した。

 開幕直後に腰痛で出場選手登録を抹消となって以来、懸命のリハビリで少しずつ前に進んできた。最近はフリー打撃や外野の守備練習を行うなどペースアップ。本職は内野手だが、外野守備の練習は体を動かす目的や気分転換などではなく、本格的に外野手として出場、復帰する構想があるためだった。

 今季は開幕戦に「1番・二塁」で先発出場。不動の二塁手として11試合中9試合で安打を放ち、3度の猛打賞など41打数16安打、打率3割9分を記録していたが、4月10日の中日戦(ナゴヤD)出場を最後に1軍登録を抹消されていた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請