楽しいなイカダの五目釣り…福井・若狭本郷

44センチのハネを釣り上げ笑顔の芝さん夫妻
44センチのハネを釣り上げ笑顔の芝さん夫妻

 イカダの釣りといえば短竿でチヌを釣るイメージだが、最近では初心者でも楽しめる五目釣りも人気が高い。

 11日、芝夫妻と3人で福井・若狭本郷の金丸渡船へ釣行した。グループで貸し切りにできるため、のんびりと釣りが楽しめるのはイカダ釣りの魅力の一つだ。

 午前4時50分出船、10分ほどで大浦のイカダに到着。アジは早朝が勝負と聞いていたので、早速2人の釣りを準備した。サビキといえば下にまき餌カゴを付けることが多いが、ここの釣りでは上カゴがお薦め。羽根付きのミサイルカゴと呼ばれる物が良い。水深が8メートルあるので、ポイントまでアミエビを持たせて、底近くにいるアジにまき餌を効かせるためだ。

 仕掛けを投入したら、オモリが着底して竿先がピンと張るのを待つ。次に大きく竿をあおってまき餌を2、3回振り出す。少し待つと、奥さんの竿先がキュンキュンと曲がった。「おおっ、来た来た」と慣れない手つきで釣り上げたのは、20センチほどのアジ。続いてご主人も同型を3連でゲット。

 順調に釣れ始めたので、大物狙いの仕掛けを準備。5号の道糸、2・1メートルの船竿にがまかつ「定番ヒラメ仕掛固定式」、オモリは30号をセット。尻手ロープを付けて置き竿にしておいた。

 日が高くなるにつれ、アジの型が小さくなった。奥さんはブランチ後お昼寝。炎天下でもパラソルがあれば海の上は快適。水面下2メートル辺りに良型のグレが見え始めたので、ご主人はグレを狙う。

 私も短竿でチヌを狙った。釣り始める前にオキアミを包んだダンゴを5個投入。仕掛けをセットして釣り開始。1投目からモゾモゾとしたアタリ。コンというかすかな前アタリをこらえ待つと、ククッと竿先が動いた。すかさず掛け合わすと明確なチヌの引き。何度かの締め込みの後タモに収まったのは、25センチのチヌ。型の割りには良く引く。その後もポツポツと釣れ、午後1時半に納竿した。

 納竿前には、置き竿にハネが掛かり、芝さんは大物の引きを楽しんだ。3人の最終釣果は、チヌ16尾(22~26センチ)、ハネ44センチ1尾、グレ26センチ1尾、サンバソウ20センチ1尾、小アジ60尾、アジ18~20センチ60尾。(報知APG・峰松 茂美)

 ◆チヌのダンゴ餌 ニュー赤だんごチヌ、濁りオカラ、荒びきさなぎ、活さなぎミンチ激荒(いずれもマルキユー)

 ◆問い合わせ 金丸渡船(0770・77・0083)へ。イカダ料金4000円。パラソルの貸し出しあり。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請