林真理子さん「週刊文春」のエッセー連載が1615回…ギネス申請へ

林真理子さん
林真理子さん

 「週刊文春」に連載中の作家・林真理子さんのエッセーが、29日発売の9月5日号掲載分で通算1615回を数えることになり、文藝春秋社は28日、週刊誌エッセーの世界最多連載記録として近くギネスに申請する予定であることを明らかにした。

 同社によると、林さんの連載は1983年8月4日号からスタートし「今宵ひとりよがり」「今夜も思い出し笑い」「マリコの絵日記」「夜ふけのなわとび」とタイトルを変えながら、一時休止の時期もあったが、36年間続いている。松田聖子、ダイアナ妃、アグネス・チャン、叶姉妹…など読者が気になる有名人を数多く取り上げ、その筆致が人気を呼んできた。

 通算1615回は、作家・山口瞳さんの「週刊新潮」での連載エッセー「男性自身」の記録を抜き、週刊誌エッセーの最多回数記録を塗り替えて史上最多回数となる可能性があるという。

 林さんは文藝春秋社を通じて以下のようにコメントしている。

 <「週刊文春」からエッセイの依頼をいただいたのは、私が29歳のときでした。「週刊文春」は、ザ・週刊誌というくらい非常に格式の高い週刊誌。私のその後の文筆家人生を左右するくらい、とてもありがたかったことだと覚えています。

 今回、週刊誌エッセイ世界一の1615回を迎えられたのも、読者の皆さん、そして「週刊文春」の悪口を書いても、寛大に受け止めてくださった編集長のおかげです。

 作家と名乗っていい作品を残したい、認められたいと身悶えした36年間の日常を綴ってきたのが、このエッセイでした。

 これからももうちょっと長生きして、連載を続けていきたいと思います。>

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請