【神戸】古橋残留へ…オランダ1部から正式オファーもクラブは「断る」

スポーツ報知
神戸・古橋亨梧

 オランダ1部フローニンゲンとAZが獲得に乗り出していた神戸FW古橋亨梧(24)のチーム残留が27日、決定的となった。クラブ幹部によると、AZからは正式オファーが届き交渉を続けてきたが、リーグ最近3試合で4得点をマークするなど絶好調のストライカーは、上位進出へ不可欠な存在と判断。「古橋は出せません。これから断ることになると思う」と、相手クラブに断りの返事を伝える方針を明言した。

 神戸市内での練習後、古橋は「僕からは何も話せません」と語るにとどめたが、同幹部によると本人はチームの慰留を受け、残留を決意したという。今季は21試合に出場し、大分から加入したFW藤本に並ぶチーム日本人トップの8ゴール。シーズン前の目標としていた2ケタ得点も視界に捉えたが「それで終わりじゃなくて、次は15点とかどんどん上を目指していきたい」と、4戦連発がかかる次節の札幌戦(31日・ノエスタ)へ意気込んだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請