佐々木と投げ合った明大・森下「でかい」2回2K151キロマーク

試合後、佐々木(右)と握手する明大・森下暢
試合後、佐々木(右)と握手する明大・森下暢

◆侍ジャパン壮行試合 大学日本代表5―5高校日本代表(26日・神宮)

 明大のドラフト1位候補右腕・森下暢は佐々木と先発で投げ合い、2回1安打1失点(自責0)で2奪三振。「高校生でこれだけ強い球が投げられ、空振りが取れる。でかい」と刺激を受け、最速151キロをマークした。

 試合後に握手し、「絶対、勝てるから。頑張って」とエール。「ありがとうございます」と会釈する右腕に、15年U―18W杯代表として「自信を持っている球を迷いなく投げることが一番」と世界一を託した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請