4番の東邦・石川、猛打でけん引「喜びを感じている」

5回2死一、二塁、左中間に2点適時二塁打を放つ東邦・石川
5回2死一、二塁、左中間に2点適時二塁打を放つ東邦・石川

◆侍ジャパン壮行試合 大学日本代表5―5高校日本代表(26日・神宮)

 1点ビハインドの5回、石川が一時逆転となる左中間への2点適時二塁打を放った。直前の4回に3点を奪われ逆転を許した直後。2死一、二塁で貴重なタイムリーに「強気に振っていこうと思った。自分の仕事ができた」。3安打2打点の活躍でチームをけん引した。

 4番に座る責任と充実感を結果につなげた。24日の駒大との練習試合では、2試合で6打数3安打1打点。好調な打撃で、大学日本代表の投手を打ち込んだ。「プレッシャーもなくはないけど、(代表の4番に)喜びを感じている」と重圧を力に変えた。活躍を見守った中日・松永編成部長は「こういうところで打つのは、何か持っている」と大きな期待を寄せる。4回には、同じ東邦の熊田も適時打。夏の甲子園を逃したセンバツ優勝コンビが、初の世界一に向けて打の主役に名乗りを上げた。(中間 卓也)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請