【宏太’Sチェック】脅威与えた武蔵の抜け出し

24日のF東京戦で争う札幌イレブン
24日のF東京戦で争う札幌イレブン

◆明治安田生命J1リーグ第24節 札幌1―1F東京(24日・札幌ド)

 本当に見ごたえのある戦いだった。札幌の攻撃対FC東京の守備という図式だったが、東京は強力な攻撃もあるからこそ、首位に立っている。それをセットプレーの1失点に抑えたことは、かなり自信になったと思う。90分集中を切らすことなく戦い続けられる3バックの存在も、今の札幌を支えていると改めて感じた。

 1―1になった後、勝ち越し点こそ取れなかったが、どっちに転ぶか分からない緊張感ある展開になったことは、今後に間違いなくつながる。清水戦のような大勝もいいが、選手はピリピリした空気の中でやる方が当然、経験になっていくもの。勝利には届かなかったが、去年は優勝した川崎に0―7で負けており、首位と互角以上に戦えたのはプラスに捉えていい。

 ジェイの得点につながるシュートを打った武蔵は、DF裏への抜け出しで脅威を与えていた。彼の能力なら、1試合中に5回抜け出せば1点は決められる。僕はG大阪時代、西野監督に「いい選手は何度も反復できる」と教えられた。ボールが来なくても次、それで来なくてもまた次と何度も繰り返せば、相手も嫌がるし、タイミングもつかめてくる。2シャドーは人工衛星のようなもの。武蔵がチャナティップとともに動き続ける事で、攻撃力は更に高められる。(吉原宏太、1996~99年札幌FW)

試合詳細

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請