【阪神】逆転CS見えた 今季初の5連勝

1回1死一塁、右越えに先制8号2ランを放った福留
1回1死一塁、右越えに先制8号2ランを放った福留

 阪神が今季初の5連勝を飾り、CS圏の3位・DeNAに2・5ゲーム差まで迫った。2―3の4回1死満塁で高山が中越えへ逆転2点二塁打。続く梅野も左翼線へ2点二塁打を落とし、一気に4点を奪った。不安材料だった打線が、この日は先発野手全員安打。連勝中は計34得点、3試合連続で2ケタ安打と奮起している。

 先発・西は5回4失点とふるわなかったが、青柳に並ぶチームトップの6勝目。初回に先制2ランを放った福留は、自身3度目のサイクル安打こそ逃したが、単打、二塁打を含む3安打2打点と攻撃をリードした。最後を締めた藤川は今季9セーブ目を挙げ、ソフトバンク・サファテと並ぶ歴代4位の通算234セーブ(現役最多)。最大7あった借金も2まで減らし、矢野監督は「あきらめるつもりは何もない。これだけのファンが来てくれて、俺らは最後までもちろん戦うし。この連勝をずっと続けたいと思います」と言葉に力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請