萩野公介、完全復帰へ「すべてのことに前向きにチャレンジできている」

一般の参加者と玉入れを楽しむ萩野公介
一般の参加者と玉入れを楽しむ萩野公介
水泳教室に参加した子供たちと記念撮影する萩野公介
水泳教室に参加した子供たちと記念撮影する萩野公介

 リオデジャネイ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(25)=ブリヂストン=が24日、仙台市内で行われた所属先のスポーツ交流イベント「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a Go Go!」に参加。子供たちと一緒に玉入れをしたり、リオ五輪男子800メートルリレー銅メダルの江原騎士(26)=自衛隊、フィッツ竜王=とともに水泳教室を行い、交流を深めた。

 2月から約3か月間、休養を取り、8月上旬のW杯で復帰してから初めてのファンとの交流イベントに「純粋に楽しめた。『おかえり』とか『がんばって』と声をかけてもらってエネルギーをもらえました」と笑顔。子供からは「萩野選手にとって水泳とはどんなものですか?」と質問されると「生後6か月から水泳をやっていて、気づいたときにはほぼ毎日泳いでいた。水泳を通してみんなに会えたり新しい友達も出来る。泳ぐことだけじゃなく、そういうことも大切です」と明かした。

 今後は9月の茨城国体に出場予定。男子200メートル個人メドレーでは1分57秒台前半のタイムを目指しており、練習も「10やれば10に近いものが返ってくる。すべてのことに前向きにチャレンジできている」と順調な様子を明かした。

一般の参加者と玉入れを楽しむ萩野公介
水泳教室に参加した子供たちと記念撮影する萩野公介
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請