【広島】売り出し中の遠藤がプロ初セーブ 9回に追いつかれるも延長戦制す

広島・遠藤
広島・遠藤

◆中日4―5広島(24日・ナゴヤドーム)

 広島・遠藤淳志投手(20)がプロ初セーブを挙げた。9回に抑えの中崎が3点リードを追いつかれた後、再び延長10回に会沢の適時打で勝ち越し。その裏からマウンドに上がったのは、プロ2年目右腕だった。

 先頭・高橋を147キロの直球で詰まらせ、中飛に仕留めると、阿部をカーブで遊ゴロに料理。最後は藤井を148キロの速球で空振り三振に抑えた。1回無失点でプロ初勝利を挙げた21日のヤクルト戦(マツダ)に続き、初セーブをマークした。

 緒方監督も「度胸がある」と認める20歳。150キロ前後の速球を武器に、今後は守護神を託される可能性もありそうだ。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請