N国・立花党首と高須院長の討論会、視聴者判定は立花氏圧勝も最後は大団円

NHKから国民を守る党の立花孝志党首
NHKから国民を守る党の立花孝志党首
高須クリニックの高須克弥院長
高須クリニックの高須克弥院長

 「NHKから国民を守る党(N国)」の党首・立花孝志参院議員(52)と「高須クリニック」の高須克弥院長(74)が24日、ネット放送「ニコニコ生放送」で90分にわたり討論を行った。

 タレントのマツコ・デラックス(46)が、N国に投票した有権者を「気持ち悪い」などと侮辱したとして、立花氏がマツコが出演するTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)のスタジオを“襲撃”したことに対し、高須氏が立花氏の行動を「営業妨害」と指摘。それに対する立花氏の反論の場として、高須氏が討論会の場を設けた。

 ただ、タレント・フィフィ(43)の司会で始まった討論は、それぞれが一方的に自分の意見を主張する形となってしまい、話がなかかなかみ合わずに脱線気味。立花氏が、全く自分の話を聞かないで見当違いの反論をする高須氏に対して「ちょっとコレ、ひどいな…」とキレ気味になる場面も見られたが、なぜか途中では「TOKYO MXは嫌いだ」と“意気投合”する場面も見られた。

 結局、番組の最後に取られた「どちらの主張に納得がいく?」というアンケートでは、高須氏を支持したのが1割強だったのに対し、立花氏が7割強(残りは「どちらでもない」)と、立花氏の「圧勝」という結果に。それでも立花氏が「高須さんは逃げずに、こういう場を作ってくれた。男らしいですよ」と笑顔を見せれば、高須氏も「この後もいろいろ隠さないで何でも公表してくれることを願います」と話すなど、対決ムードはどこへやら…の「大団円」となった。

NHKから国民を守る党の立花孝志党首
高須クリニックの高須克弥院長
すべての写真を見る 2枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請