【札幌】“史上最強”の得点力で最少失点の首位・F東京撃破だ

パスを出す札幌FWジェイ(左)
パスを出す札幌FWジェイ(左)

 北海道コンサドーレ札幌が“史上最強”の得点力で、Jトップの堅守を打ち破る。

 札幌は24日、ホームで首位・F東京と対戦する。前節清水戦の8―0勝利で23日時点の得点は39。J1での最多ペースを刻み、2017年の総得点に既に到達。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(61)2年目の指揮の下、攻撃に磨きがかかってきた。

 リーグ3位の得点力を誇る札幌と、J1最少17失点のF東京との“鉾(ほこ)盾(たて)対決”。難戦も、制する手応えが札幌にはある。前節ハットトリックを決めたFWジェイ(37)は「今の自分たちの攻撃には自信を持っている。相手の固い守備にチャレンジするのも、俺は好きだからね」と前日練習を順調に終え、撃破をイメージした。

 過ちは繰り返さない。今季5得点した2試合は、いずれも次戦に敗れた。それだけにペトロヴィッチ監督が「8―0は過去の事として捉えている」と強調したように、勢いを頼りにはしない。この日のミーティングでも「走り、戦い、規律を守ること」を指揮官は改めて徹底した。超攻撃的スタイルの根本にある「ミシャの3原則」で首位を撃つ。

 ACL圏3位の川崎との勝ち点差は5。ジェイは「ここからは全てが大事な試合。チームが勝てるように導きたい」と声を大にした。8戦負けなし中のホームで不敗を継続し、夢への可能性は高める。(砂田 秀人)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請