【オリックス】6回に西浦が勝ち越し打、山岡に勝ち投手の権利

6回2死一塁、西浦は勝ち越しとなる左越え適時二塁打を放つ
6回2死一塁、西浦は勝ち越しとなる左越え適時二塁打を放つ

◆オリックス―日本ハム(23日・京セラドーム大阪)

 オリックスの西浦颯大外野手(20)が勝ち越し打を放った。

 2―2の6回2死一塁。玉井からフルカウントまで粘って、最後は低めの直球を逆方向へ打ち返した。左翼線への二塁打となり、投球と同時にスタートを切っていた一塁走者が一気にホームイン。「ライン際の打球だったので切れるなと思いながら走っていました」と喜んだ。6回2失点にまとめた山岡に10勝目の勝利投手の権利がうまれた。

 西浦はこの試合前まで56試合の出場で打率2割8厘、1本塁打、12打点。14日の西武戦(メットライフ)で1軍昇格してからは打撃好調で、8試合連続スタメン出場の期待に応えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請