【阪神】4年目・望月がプロ初勝利…今季3度目先発で6回3安打無失点

◆阪神8─0DeNA(22日・京セラドーム大阪)

 お立ち台からは最高の景色が広がっていた。今季3度目の先発に臨んだ望月が6回3安打無失点。腰の手術などを乗り越え、プロ初勝利を挙げた。横浜創学館高から15年ドラフト4位で入団した4年目右腕は「すごい長かったなと。(記念球は)両親にあげます」と笑った。

 昨季終了後、憧れの藤川に弟子入り。キャッチボールで「球が落ちない」と、衝撃を受けた。2軍調整中は三塁の位置でノックを受けて一塁送球を繰り返し、球持ちの改善に取り組んだ。イメージはもちろん、火の玉ストレート。1ミリでも前で離す感覚を磨いた。この日は最速154キロ。バット2本をへし折った。

 さらに春季キャンプで「大魔神」佐々木主浩氏から伝授されたフォークは、握りを狭めてアレンジ。今季習得したカットボールも随所で生きた。チームは今季5度目の同一カード3連勝でDeNA戦6年連続勝ち越し。CS圏まで3・5ゲーム差とし、矢野監督は「本当に期待している投手。これで下げるわけにはいかない」と次回登板を明言した。(中村 晃大)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請