【清水】「バキバキ」オールバックGK大久保、移籍後初出場初先発へ

移籍後初出場、初先発の可能性が出てきた大久保
移籍後初出場、初先発の可能性が出てきた大久保

 J1清水エスパルスのGK大久保択生(29)が24日のアウェー・川崎戦で移籍後初出場、初先発する可能性が22日、浮上した。非公開練習を終えた篠田善之監督(48)が「いつでも出る準備はできている。(先発の)可能性はある」と示唆した。

 今夏、鳥栖から加入した新戦力のデビューが近づいてきた。チームは前節の札幌戦で0―8の大敗を喫していることもあり、大久保は「次が大事。ここでいい試合をしないとズルズル行く」と表情を引き締めた。

 190センチ、92キロの大型守護神。17年にF東京で指導していた指揮官は「反応が早い」と評価する。大久保は「夏にとってもらった恩を返さないと。結果にこだわりたい」。対川崎は12年から12試合連続複数失点と苦手にしている。「つなぐ技術が高い。簡単に飛び込まないことが鍵になる」と最終ラインをコントロールしていく構えだ。

 プロ12年間でJ1通算20試合、J2通算136試合に出場。「全部を0で抑えることはできない。失点した時にいかにぶれないでやり通せるか。GKの弱気は伝染するし、最後まで戦う姿を見せること」と自らに言い聞かせてきた。日常生活ではサラサラヘアだが、ピッチに立つ際はオールバックに変身する。約5年前から取り入れた“勝負髪”で「ジェルでバキバキに固めてます」とニヤリ。確かな技術と威圧感のある風貌で、2連覇の王者をシャットアウトする。(武藤 瑞基)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請