【巨人】7失点ヤングマン2軍へ 原監督「フォローできる言葉見つからない」

1回1死三塁、福田に先制の中前適時打を打たれたヤングマン(捕手・大城)
1回1死三塁、福田に先制の中前適時打を打たれたヤングマン(捕手・大城)

◆中日7―4巨人(22日・ナゴヤドーム)

 巨人の連勝が6でストップした。

 先発ヤングマンは初回に先頭の大島に二塁打を許すと、1死三塁から福田先制打の後、味方の守備のミスもあって2失点。3回はビシエドに2ランを浴びた。

 4回も続投したヤングマン。無死一塁で相手の盗塁を読んでバッテリーでウエストしたはずが、立ち上がって構える捕手大城の頭上を越えるまさかの暴投で、読み通りスタートしていた阿部が一気に三塁へ。直後に藤井に適時打を浴び、さらに大島、京田に適時打を浴びて降板となった。

 ヤングマンは「監督コーチ、チームメート、ファンの皆さんに申し訳ない」とコメントした。早い時間の降板で帰京可能になったため、翌日以降に備えるため試合中に帰京。2軍降格が決まった。原監督は「7点は重いね。なかなかフォローできる言葉が見つからないね。ピッチドアウト(外した球)を暴投するっていうのはね」と振り返った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請