桐生祥秀「しっかりと自分の走りができれば」 欧州での国際競技会でサニブラウンと対決も

欧州遠征に向け出発した桐生祥秀(成田空港で)
欧州遠征に向け出発した桐生祥秀(成田空港で)

 陸上男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(23)=日本生命=が22日、欧州遠征へに向け、成田空港を出発した。25日にスペイン・マドリードで行われる国際競技会の100メートルに出場する。9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=もエントリーしているが「別に誰と一緒でもあまり関係ない。しっかりと自分の走りができればいい」と冷静に語った。

 10秒05(追い風0・9メートル)で優勝したナイトゲームズ・イン福井(17日)では、ピンのないスパイクを初めて導入した。「ここ数週間の練習では、ほとんど使っている。変に蹴ったりすると、足が流れるので(走りの)確認ができる。まだ向こうで(ピンなしのスパイクで)走ったことがないからわからないけど、試してみて合ったら使っていく」と話した。

 先月、動画サイト「Youtube」で自身のチャンネルを開設し、チャンネル登録者数は2万5000人を超えた。「まだ始めたばかりで探り探りだけど、色々なことをやれたら。スタートとしてはいい」と“手応え”を口にした。「まだ陸上のコアなファンしかいないけど、(シーズンオフには)陸上をやっていない人でもスポーツという部分で色々とやっていきたい。(チャンネル登録者は)10万人を目指したい」と前向きだった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請