【阪神】メッセンジャー、復帰戦は3回2失点も最速は148キロ「痛みなく投げられた」

阪神のランディ・メッセンジャーが2軍戦で復帰登板
阪神のランディ・メッセンジャーが2軍戦で復帰登板

◆ウエスタン・リーグ 阪神―ソフトバンク(21日・鳴尾浜)

 2軍調整中の阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)が21日、ウエスタン・ソフトバンク戦で実戦復帰を果たした。初回、2回は無失点だったが、3回1死二塁から、釜元に中越えの2ランを被弾。それでも、直球は制球、キレとも上々で最速は148キロを記録した。3回2安打2失点で、1四球3奪三振だった。

 「痛みなく投げられたのは本当によかったと思います。ホームランにはなったけど、風もあったし、自分が気にしていたのは四球とかそういう部分だったので。向こう(1軍)に戻れるよう、少しずつやっていきたいなと思います」と納得の表情を浮かべた。

 メッセンジャーは今季、13試合で3勝7敗、防御率4・69と不調。先月10日の巨人戦(甲子園)で2回4失点でKOされて2軍落ちしていた。さらに、右肩の治療とリハビリのため、米国へ一時帰国を経ての、念願の復帰マウンドだった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請