【楽天】輝星に投げ勝った男! U18台湾代表左腕・王彦程の獲得を発表 石井GM「僕好みのスライダーを投げる」

楽天が獲得した王彦程
楽天が獲得した王彦程

 楽天は20日、昨年のU18台湾代表だった145キロ左腕・王彦程(ワン・イェンチェン)投手(18)=穀保家商、180センチ、82キロ、左投左打=を育成選手として獲得したと発表した。23年シーズンまでの長期契約で、この日、NPBに新規育成選手登録された。背番号は017で、9月に来日予定。

 石井GMは「高校生で145キロくらい出るし、スライダーもしっかりと斜めっぽく、僕の好きな曲がり方をする。素材的に結構高いポテンシャルを持っている。育成として力をつけて、ウチにいる宋(家豪)みたいになってくれたら、と思って契約した」と説明した。

 王は、昨年のU18アジア選手権(宮崎)で日本との準決勝に先発。2安打1失点で完投して日本のエースだった吉田輝星(現日本ハム)に投げ勝った実績の持ち主だ。今年6月に高校を卒業。実質的には来季からの4年契約だが、育成枠であればNPBの支配下選手の補強期限である7月31日以降の契約も可能なため、前倒しで獲得した。

 今季の2軍戦やフェニックス・リーグにも出場できるが、石井GMは「そこは目指してない」と否定。「まずは日本に慣れてもらい、いろいろとメディカルチェックをしてあげたいなと思って、今年からの契約という形になった」と話した。

 王は最速145キロの直球に、チェンジアップ、スライダー、フォークを交え、制球力を武器とする実戦派左腕。石井GMは「本人は(菊池)雄星が好きらしいですけど、もっとレベルの高い選手を目指してほしいですね」と、冗談めかして王のスケールの大きさを表現した。

 王は球団を通じ「楽天イーグルスからオファーを頂き、とてもうれしく思います。日本のプロ野球でプレーできると思うと、今からワクワクします。これから日本での挑戦が始まりますので、少しでも自分が成長し、一日でも早く支配下契約できるように頑張ります」とコメントしている。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請